このまちでお昼ごはん@大泉学園でほっこりランチを「スノウドロップ」

  • LINEで送る

同じ練馬区でも、私はこれまであまり行く機会がなかった大泉学園で、 ステキなランチをいただけるお店があるという情報をキャッチし、行ってきました。 南口から徒歩で約10分。学芸大附属小学校を通り過ぎ、角を左に曲がると現れるのが「スノウドロップ」さん。 古民家の構えで、昔、友達の家に遊びに行ったような、懐かしい気持ちに包まれます。 玄関を上がって、 靴を脱いで「お邪魔します」。

席は、畳か、テラスのようになった縁側があり、お行儀が悪いですが 思わず足を投げ出して、のんびりしたくなるような店内。 店主の伊奈さんは、 「赤ちゃんや小さな子どもを連れてきても、ゆっくりくつろげるようなお店にしたかった」と、 この古民家を見つけ、昨年10月にOPEN。 ランチの定食は、2週間ごとにメニューが変わります。 お子さん向けのランチメニューは「おにぎり」と、「ごはんとスープとおかず」の2種類が用意されています。 通常は1種類のみのランチですが、 うかがった日は「スリランカカレー定食」と、「ミートスパゲティー定食」(どちらもドリンク付きで1250円、税別)が選べました。 どちらにしようか・・・ う~ん、悩むこと数分。 よし、「スリランカカレー」に決めた!

地元の農家のかたから仕入れるという、お野菜を使ったメニューが、こちらのウリです。 このカレー定食にも、お野菜たちがたくさん! 日によって仕入れる野菜が違うそうで、どんな野菜が出てくるのかも楽しみですね♪ 感動したのは、新鮮な野菜の味の濃さと食感! パプリカはシャッキシャキで、軽く素揚げしたかぼちゃとさつまいもは、 このままで優しい甘みがあって、それぞれの野菜のおいしさを堪能することができました。 こんな野菜なら、お子さんも喜んで食べてくれそうですよ! そして、肝心のカレーはというと さらっとしてスパイスが効いているのだけど、全体的にまあ~るい味がします。 作ってくださる方の優しさがスパイスかも?! この酸味はなんですか?と尋ねると 「レモンを使っています」とのこと。 レモン好きには、参考になるレシピ! さらに、ごはんの上にのっているのは「むかご」です。 小粒ながらほっこほこの食感と里の味がしました。 都内でむかごが採れるなんて。 器も作家作品を使ったり、時には店内をギャラリーとして使うこともあり (この日はちょうど国内外の美術作家さんたちの絵が飾られていました)、カルチャーと美味しいご飯を楽しむこともできます。 ランチの選べるドリンクには、 数種類のハーブティーもあって、これまた悩みましたが ルイボスブレンドのハーブティーにしてみました。 これがまた 今まで飲んだ中で一番と言っていいほど飲みやすく、美味しいお茶で 提供されるポットとカップもステキ☆

そしてもう一つ。 南アルプスの天然氷をつかった「かき氷」をオーダー! 日本に7軒しかないという、氷室から仕入れた天然の氷をうす~く削って、 どれも自家製のシロップがたっぷりかかった「スノウドロッップ」のかき氷(750~800円) 私は大好きな杏をお願いしました。 写真はランチサイズ(通常から200円引き)ですが、 それでもこのボリューム! 杏は、シロップというよりは 濃厚なピューレのようで、氷の中にも惜しげ無くたっぷり入っていてとっても美味しい! しかもかかっている練乳までお手製なんです!これが、市販のものとは比べものにならないくらいあっさりしていて、 カレーの後でも、すいすいとおなかに入っていきました。 かき氷は 氷がなくなるまでの販売なので、今年食べたい人はお早めに。

野菜を使ったメニューや、店内の懐かしい雰囲気、 畳や縁側、 時間が少しのんびり流れているかのような空間が そこかしこにある「スノウドロッップ」。 カフェタイムのチャイや、スイーツのスコーンやりんごケーキなど 他のメニューもまだまだ気になるものばかりで、また来たいなと思うお店でした。 おいしいごはんと時間をごちそうさまでした。 お邪魔しました~!

https://www.cafe-snowdrop.com/

スノウドロッップ 住所:東京都練馬区東大泉5-19-13 電話:090-7843-0443 営業時間:11時30半~16時半(ランチのラストオーダーは15時、カフェタイムは16時まで) 日、月、第1、2土曜休み。