nerimakko『おすすめ練馬の定番お花見スポット2018』

  • LINEで送る

気象庁から先週の3月17日に東京の桜の開花宣言が出ましたね。
桜が咲くと一気にいよいよ春本番という感じがして、お花見が待ち遠しくなりますね。
練馬区内のTHE定番お花見スポットをいくつかご紹介します。

練馬のお出かけしたいTHE定番お花見スポット

① 大泉学園通りの桜並木

西武池袋線「大泉学園駅」から道の両側に約3キロ続く、長い桜並木は圧巻です。

練馬区大泉学園町1-28付近(大泉学園通り)

② 春の風公園と光が丘公園

都営大江戸線「光が丘駅」近くの団地に囲まれた「春の風公園」まさに春にお出かけしたくなる公園の名前です。小さな細長い小川が流れています。春だけでなく、紅葉の時期が美しくておすすめです。

光が丘駅を超えて、さらに光が丘IMA方面に歩いていくと、もう1つ桜の名所の「光が丘公園」があります。広々とした芝生が広がっており、レジャーシートでのんびりお花見ができます。

東京都練馬区光が丘7-4(春の風公園) 東京都練馬区光が丘4丁目(光が丘公園)

③ 武蔵関駅から武蔵関公園までの桜並木

西武鉄道新宿線「武蔵関駅」から武蔵関駅公園へ向かう桜並木など、駅周辺の石神井川沿いに桜並木があります。桜並木越しの電車も見られます。普段は「撮り鉄」ではない方も思わずカメラを向けてしまうのではないでしょうか。(撮影時はルールやマナーを守りましょう。)

東京都練馬区関町北3-45-1(武蔵関公園)

④ 石神井公園

西武池袋線「石神井公園駅」から約7分ほど歩くと着きます。水鳥や野鳥を観察できる三宝寺池や、家族やデートで楽しみたいボート乗りができる石神井池を中心とした公園です。石神井池沿いにはソメイヨシノの並木があります。

東京都練馬区石神井町5丁目(石神井公園)

⑤ 練馬駅近くの「千川通り」

西武池袋線「練馬駅」周辺の千川通り沿いには桜並木が広がっています。ゆっくりと歩道を歩きながらお花見ができます。江古田駅方面へ千川通りを歩いていく途中にある武蔵野稲荷神社にも桜があり、練馬区の隠れたお花見スポットです。境内で穏やかな気持ちでお花見するのも趣がありますね。

東京都中野区上鷺宮4丁目 都道439号線沿い(千川通り)

⑥ としまえん

ロマンチックな夜桜を観たいのであれば、水と緑の遊園地「としまえん」ですね。3月24日土曜日より夜桜のライトアップと大小さまざまなランタンによるイルミネーションのイベント「第26回としまえん桜まつり」が開催されます。寒い夜でも楽しむことができるこたつ付きのバーベキュープランもあるそうですよ。

東京都練馬区向山3-25-1(としまえん)

⑦ 城北中央公園

東武東上線「上板橋駅」から歩いて15分ほどの城北中央公園
歴史を学ぶことができる栗原遺跡やドッグランなど多数の施設がある広大な公園です。
(ドッグランは無料で利用できますが、利用登録が必要です。)

東京都練馬区氷川台1-3-1(城北中央公園)

石神井公園に行ってみました(3月19日現在開花状況)

 

言わずと知れた練馬の代表的なお花見スポットの1つ、石神井公園に編集部が出かけてみました。(3月19日時点の桜開花状況をお伝えします。)
ボートを楽しむことができる石神井池沿いをぐるりと囲うように桜並木があります。
まだ桜はつぼみですが、ややふっくらとしてきました。

桜の開花が待ちきれない方へ 桜以外にも園内では、この季節ならではの花々も見ることができます。カメラを片手にぐるりと散歩してみると、定番のお花見スポットでも新たな発見、小さな春探しができるのでおすすめです。

石神井公園管理所の近くの梅園では菜の花と梅の鮮やかなコラボが

石神井池方面のB野球場前の寒緋桜は見ごろです。濃いピンクが鮮やかですね。

ここのところ続いた暖かいお天気が残念ながら一旦ストップして練馬の桜の開花も
少しスローペースになりそうですが今からお花見計画立ててみませんか?
みんなでわいわいピクニックしてもいいですし、朝ひとりでサイクリングしながら、
カメラを片手にお散歩してみるのも気持ちいいですよ。
春本番ますます楽しみですね。

三代目J Soul Brothersが練馬区でお花見!

  • LINEで送る